豊胸手術の悪い点

女性にとってバストは、いくつになっても悩みの種です。
バストは大きければいいものでもなく、丸みのある形や、弾力のあるバストになりたいと思う女性も多いです。
豊胸手術は手術方法によって、メリットデメリットがあるので、自分にあった手術方法を選ぶことが大事です。
信頼がおける医師や病院かどうか、よく考えて納得して手術を受けるようにしましょう。
脂肪注入手術は、お腹などの余分な脂肪をとり、その脂肪をバストに注入する方法で、自分の脂肪なのでアレルギーの心配がありません。
                                
                   

お腹などの余分な脂肪がなくなり、シェイプアップを兼ねることがメリットですが、注入した脂肪の約3割しか残らないのがデメリットです。
他にも脂肪注入後、技術が伴わないと、脂肪吸引した場所がデコボコやシワになります。
ヒアルロン酸注入の手術方法は、保湿成分であるヒアルロン酸をバストに注入する方法で、もっとも手軽で身体に負担が少ないのがメリットですが、1年くらいで元に戻ってしまうことがデメリットです。
ヒアルロン酸注入は、技術が伴わないとしこりができるので、気をつけなければいけません。
他にもバッグやヒアルロン酸を入れた後は、異物感に悩まされることがあります。

コメントは受け付けていません。