豊胸はどれくらい大きく出来るのか

女性のバストの悩みはつきもので、もし、悩みをもっているとしたら、小さくて悩んでいる人がほとんどかと思います。そんな中、バストアップの方法として豊胸手術があげられますが、いったいどのくらい大きくなるのでしょうか。
結論から言えば、日本では手術法により異なりますが、一回の手術で最大5カップ以上あげられるそうです。しかし、これはできる人とできない人がいるのも事実です。それは、身体的な問題にあります。
                                                                       

まず問題となってくるのがバランスです。今まで低身長で細身だった人がいきなり、5カップ以上バストを大きくするとなると、体の大きさや、細身が故の身体への負担がかかってきます。医師によっては独自の判断である程度のところでストップをかける医者もいるでしょう。その人の体格、もとのバストの大きさによって限界は異なる、ということです。
そして、他にも注意しなければならないのは、手術による多数のリスクです。シリコンバックを入れる手術の場合には、シリコンが破れてしまうリスクや、シリコンバック挿入のほかにも、自分のお腹や二の腕の肉などをバストへ移行する手術などは異物を入れていることでの体の拒否反応からの身体の痛み、また健康被害にも注意が必要です。
よく医師と相談し、自分に合う大きさを決めてから行いましょう。

コメントは受け付けていません。